手術後6日目、断裂後12日目-パシリ化するコーチ

入院
ありがたいごはん。懐かしい給食に似ている。メインが選べるのが嬉しい。

先週の今日、早朝から強烈な下痢と頭痛を抱えたまま、全身麻酔で手術した私。。。

記念すべき?1週目は
「虫が足を這い蹲っている夢」!

をみて泣きそうでした。

いや~、ほんとうに不快も極まれり、だったんですね~

仕事へ行かねばならないのに間に合わない事件、 タクシーがつかまらないという展開、靴がない!という状況….

これからの受難の日々を予感した悪夢でした。

リハビリは初外来時の担当A先生でした。軽めに筋トレして、熱は37度再び出たまま💦松葉杖練を進めつつ….と必死なところ、残念なお知らせが!!!

どうも週末というのは昨今の病院は入院と手術のラッシュらしく、木曜以降、4階のシャワートイレない部屋に移動の指示😡が出ました。

お仕事の業務連絡なども滞っているので、汗だくリハビリの後は、部屋の片付けをしつつ(片足で)お見舞客にデリバリー(笑)を注文です。

中臀筋を入れる運動20回✖️3セットするだけで、熱あるケガ人、筋力が急速に衰えつつある私にはスパルタとしか思えません。普段、かなり運動をしている私でも大変なので、備えがない方、慣れない方には地獄と思いました。

そろそろ氷嚢での冷却を減らす予定と提案されて、焦りました。

そうです。

今の私には、炎症を抑えることも大事ですが、なにより

冷たくしておいて、麻痺させておきたい!

くらい傷口も、浮腫んでいる脚&足が痛いのです。

入院生活も1週間となりますが、なぜかシーツや枕カバーを変えてもらいません。病院なのに不衛生ですね💦

同じタオル2種を1週間つかうのもどうかと思うので、しかたなく、新しいタオルセットも購入しましたが、すでにへんなシミ?がついていて、さっそく交換してもらいました😭業者の仕事とはいえ、なかなか難しいものなんですね。

さて

テレビやネットでは「死ぬなら一人で勝手に死ね」という自己責任論が極度に歪んだ、「孤立路線」の社会の無責任、無配慮、当事者性が奇妙な殺伐とした心象風景が明らかになるような言動が目立ちます。

ホントにそういう風に考え、ふるまい、「効率」的だと盲目的になることが、長期的に考えて、誰のハッピーになるのでしょうか。

そうこうしているうちに、なんと~!!!

友人の子どもも骨折してしまいました!

つくづく、こういうときに限って不運は重なりますね。

例の「電気メス事件」も思い出すたびに、私の足側ではなくて、あなた(犯人)のメタボ腹?側に当てて欲しかったね、患者側でなくと思います。

手術から1週間経って、ようやくPCを開けて、なんだかんだ作業を数時間やり続ける元気が出てきました。

看護婦さんからの提案で、氷枕と氷嚢を1個ずつに減らしてみたら…………

ちっとも冷たくない!

まだまだ炎症も熱も下がらないケガ人なのでした、ちゃん、ちゃん。

本日のおススメコーナーは

これを利用して、腰、背中、筋力アップのエクササイズを続けます。柔らかいので、ギプス足を置いておくのにも最適。大きさもいろいろあるので、身体的な条件や目的に合わせてどうぞ。

次回「手術後7日目、断裂後13日目『人生模様』へ続きます

タイトルとURLをコピーしました