手術後3日目-激痛が続く

入院

アキレス腱断裂から9日目、手術後3日目です

悶絶激痛の波が押し寄せては去り、また押し寄せては去り。それにしても

人体の不思議です。

ギプス内でどうなっているのか不明ですが、例の「探しあう腱」はもういません。あのひきつきあうような、キューっとした痛み「だけ」は手術後ぴたっと病んでいました、ほっ。

さて、

傷口もギプスには窓をつくってもらっているので、いざ!となればチェックできるのですが、痛いだけでは「いざ!」ではないのが、ケガ人の世界です。

深夜から明け方まで2時間ごとに、点滴投入!

他人のStruggle を知るために理由を説明してもらう必要はないよ。

聞きますか?「どうしてインフルエンザになったの?」

相手が苦しんでいるのに「なんで中耳炎になった(んだと本人であるあなたは思う)の?」

日々困っている人を前に「なにが原因で(幼少時に)髄膜炎になって、いま健常に歩けないのですか?」

悩んでいる人に「どこで、いつ、どうやってうつ病になったのだ(とあなたは考え)ますか?」

聞かないよね~💦

こういう問題解決に向かわない質問って、本質が批判か野次馬なんですよ。

事故や事件、ひどい災害にあった不運(確率的に防ぎきれない)な人々にこう聞くのに似ている。

「どうして高台じゃなくて、海沿いなんかに住んでたの?」(津波が来た)

「なんで半袖を着てたの!夜道をあるけば、痴漢に遭うかもしれないのに!」(なぜか被害者の非を批判、犠牲者のせいにしてる。犯罪者ではなく)

「だから日ごろから防災訓練を真剣にやっておけと言ったのに」(訓練と実際は違う+訓練してても完璧はない)

ほら。

こういう類の質問は、誰が何度聞いても、本人の苦痛や負担はな~んにも変わらないですよね。治癒が早まるわけでも、治療法がみつかるわけでも、実際に質問者にできることは(医療従事者だった)限られているのに……

つまり、

苦痛を代わってあげることができない以上、

そして、

問題の解決に直接的、間接的に関わらずプラスにならない以上、

本人の感覚、固有の気持ちくらい、「尊重」してくれたらいいのに。

それが「レスペクト」ですわ。

日本の人々って「レスペクト」=上をみる、上とする、目上として扱う、「尊敬」、高いステイタスとする

の様に勘違いしているけど、そうじゃなくて、「尊重」=違いを認めること、なんだ。

スポンサードリンク

お世話になった病院がつかっていたアイスノン(ソフトタイプ)はこちらでした。これが長時間持つ、そして柔らかめでありがたかった。退院と同時に自宅にも完備!大事ですね

Amazon | ダンロップ やわらか雪枕W やわらかソフトタイプ | 雪枕 | 冷却ジェルまくら
ダンロップ やわらか雪枕W やわらかソフトタイプが冷却ジェルまくらストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

次回「初対面で無言で足勝手に触るやつ」へ続きます

タイトルとURLをコピーしました