手術後16日目、断裂後22日目「抜糸」の刑!

入院
抜糸の刑はチクチクってほどの軽さじゃなかったぞ!

本日のリハビリは初診のときにみてくれた若い(?)理学療法士さんでした。

だんだん知っている🐼顔も増えているので気楽ではありますが、やはり自宅ではないので、、仕事は完全に停滞しております💦

ついに!念願の抜糸!とあいなりました

が「ちくちくって感じ」という予想に反して👊

痛い!

流血!!

でした。

う~ん、どうにも抜糸は「チクチク」ではなく、「ビリビリ」を感じました。

院長先生はご機嫌👨‍🏫でした。やはり治癒が進んでいる!という感覚があるのでしょうか。

本人にはありません。

退院できるかのテストが午後?あるらしいのですが、

生活のイメージ….😭 ……….こんな両手松葉杖でなんて、まったく浮かびません。大変すぎませんか?世の中のみなさんはどうなさっていたのでしょうか?頭が下がるおもいです。

そして

肝心のリハビリですが、今日は新人?(中堅?)の練習台になりました。

うん、誰しも新人時代はありますが、それにしても同じ人体の研究をしてきたとは思えないくらいへたくそー、ふくらはぎに指輪くいこむー、親指力入りすぎー、ハムを伸ばすこともできなーい

という具合で💦

私がギブアップ!

先輩に代わってもらって、終了しました。ホッ。

さて………

保冷剤でも痛い足ってどうよ!硬い保冷剤むりー😭とにかく冷却!

これなしには生きていけそうにありません。

いうわけで、アマゾンでポチる。

そう、リハビリ室で会う方の中には、当然、急な事故の方もいらっしゃるので計画的に、術前にちゃんとリハビリしたりいろいろ準備してから来るので違うみたいでした…何事も準備が大切なのは間違いない。

そして、脚をケガして感じるのが「手の重要性!」

ほんとです。

足はもう仕方ないというか、ダメージが大きいので、頼りになるのが逆足と手しかない。

ので、意外なほと老人介護と同じで、開けづらいものや硬いもの、ハサミが必要なものは大変です、もう大切な手が!手が!手が!

足がダメなときに手まで!と思うと気が狂わんばかりです。

そして、なぜか職場が私の足を載せておく台や椅子がないと言い張った事件ですが、いまさら(?)なタイミングで😠

いす、事務所のありますね

とイミフないまさらテキストメッセージもらいました。謝れないヒトはダメの典型ですので、疎遠が一番。最低限しか会話をしないことが大事と心得ました。

そして、

毎日の生活の大変さに(病院だというのに)私がケガしたときに、格闘技系ジムのくせに応急処置箱もなく、氷嚢もなく、頼んでもタクシーも呼ばず、スポーツ選手だった運ばれているのに救急車も呼ばず、こちらがアプリをダウンロードするからと食い下がってもWiFiまでも貸してもくれなかった、ジムから相変わらずの謝らないメール、来ました。ほんと怠惰ですよね~格闘技とは真逆なので、意味不明でした。決まり切った定型文のコピペしかつかってないと、考えてないアホな内容を送っても気づかないくらい鈍感になるのでしょう。運動はさておき、頭まで悪くなるのか…おそろしい限りです。ケガや急病の対応も想定しておらず、非常識で不遜なこのジムはみなさん、やめたほうがいいですよ。(どこか知りたい方はメッセージください)

そして、

退院近くなって、看護師さん、お見舞い人、メッセージなどでもいろんな人から聞かれるようになった質問(?)に

「慣れた?」なんてのがあります。

まあ、うざい、よね。

「慣れた」として、なにか変わるの?なんのために聞いてる質問なんでしょうか?

「慣れた」からって痛みも負担も不便さも、回復のスピードも(細胞のクリアランスは決まってるから)変わらないし、

「慣れた」と言ってもらいたいのは誰なんでしょう?

そんなにすぐに治りません、慣れません、いろいろ変わりません。

それじゃあ、いけないのでしょうか?

そんなことを地獄の階段練をしつつ、考えたワタシです。

そして、肝心なのは、登りと下りを松葉杖使い間違えない!ことです!

一瞬、体操のように宙に浮くのが高い階段だと恐怖ですね。幸い真冬ではなかったのでコートのもこもこに泣くことはなさそうですが……..。

とこれからの両松葉杖生活に怯えるも、

脚が痩せすぎて!全て痛いですー!スネが骨骨!

😿

こんな弊害から痛みが発生するとは~!

それでも、よくある街の危険 乗り換えや目の不自由な方のプレートを思い出しつつ、夜にカフェイン飲んでも寝れているこの3日…..恐ろしい限りです😢

そして、今日の😲びっくりニュースは股関節の手術を知人がついに!決行するとの話

う~む、これも中年ならでは、な話題でしょうか。

さて、すこーしだけ慣れて?気がほぐれたきたのか、寝るときにシーネをまたもや忘れそうになりました。

ふう、やっと平熱、昼も夜も続けて起きていられるようになりました。

と先がおもいやられる筋肉痛と体力低下に悩む日々です

次回「退院前の考察①嬉しかった、ありがたかった言葉や行動」へ続きます

タイトルとURLをコピーしました