役立たない&やじ馬体質なコメントや質問③

おかげさまで、退院できたところです。

日記の更新、おそ~くてすみません。

のちに、なぜなのかが明かされていきます。

本日はご家族にケガ人病人のいる方、医療関係者にも参考になる?!

辛口シリーズです🍛

第一位、第二位を争う勢いなのが、

・「気をつけてね」です。
?は?気をつけててもなるのが重篤な病気、事故、ケガ。

気をつけられる範囲と気をつけられない範囲が人類にはあります。

生活習慣病以外は気をつけられないね、実際。

例えば禁煙はできる、喫煙は当然しないはできる。しかし歩かないはほぼ出来ない。逆に他のリスク高まる!例えば栄養のバランスは気をつけられる。

しかしなにかを消化しない、やどこかの関節曲げない、というようなことは出来ない。つか………..みんなバカなの?というくらい聞き飽きました💦

悪意がないと分かっていても、できないことをいちいち言われるって、腹立つものですよ。

そして…誰のために気をつけるのか、ってところがホッコリポイントでもあり、お腹立ちポイントでもあります。

結局、日ごろからのお人柄、積み重ねが大事なんでしょう。

例えば氷嚢がデカく重いはケアする側が便利だけど💦冷静に想像すれば、そんなのがつかえるシチュエーションは(ほぼ)ない。

軽くて形変えられる氷嚢を発明した人は儲かると思います!

そして、脇が痛くならないための服も!

そうとう需要が日本中で、世界各地であると思います。

本日のお勧めはありがたいこちら。

スポンサードリンク

しゃがめない、伸ばせない、届かない、そんなお悩みに。

病気やケガじゃなくても、便利な状況、実は多いですよね♬

次回「手術後18日目、断裂後24日目、退院翌日の悪夢」へ続きます。

タイトルとURLをコピーしました